Chill with us.


映画『グラン・トリノ』から。

"Chill with us."
(ちる・うぃずぁす)


 場面を少し進めましょう。同じアジア系のギャング達に、仲間に入れと必要につきまとわれるタオ。ギャング達のセリフは、俗語のオンパレードです。

 今日のお題は、そのうちのひとつ。 "chill" は、もともとは「冷え」を意味する単語です。 "have a chill" で「寒けがする」。この単語が俗語として使われると、使う状況によって「ぶらつく」とか「ゆっくりする」くらいの意味になります。何の目的があるわけでもなく「だらだらぶらぶら」する感じが、 "chill" だと覚えておけば、あとは応用が利くと思います。

 今回の場面では、「俺たちとつるもうぜ」ぐらいの感じでしょうか。しょっちゅう耳にするスラングですので、覚えておきましょう。

Topic: 英語・英会話学習 - Genre:School

Pay some respect, zipperhead.


映画『グラン・トリノ』から。

"Pay some respect, zipperhead."
(ぺい・さむ・りすぺくと・ずぃぱーへっど)


 ウォルターとタオが初めて顔を合わせるシーンから続きます。

 タオを門前払いにしたウォルターですが、その時の最後のセリフが今日のお題です。 "pay respect" は敬意を表するとか、墓参りをするという意味です。少々カタイ英語になりますが、 "with all due respect" は、上司に反論する際のおきまりのフレーズ。

 で、 "zipperhead" ですが、これは "swamp rat" と同じでアジア人のことを意味するスラングです。"zipper(ジッパー)" と "head(頭)" の組み合わせで、なぜアジア人になるかというと、これはあまり気分の良い話ではりません。

 この言葉、もともとは前戦に出ていた米軍人が使い始めた言葉のようで、軍用車に轢かれた後に残るタイヤの跡が、ジッパーのようだったという説と、高性能の銃で頭を撃たれるとジッパーが開いたように形になるという説とがあるそうです。

 まあ、あまり聞きたいハナシではないですが、このビビッド感が英語らしいです。

 同じアジア人の僕らとしては、使うことはないスラングだと思いますが、あけすけと使うのがアメリカン。そして、そんなふうに呼ばれてもめげることがないのも、またアメリカンなのです。この映画でも若いタオが、そんな風に少しずつ変わっていく姿が描かれています。
 

 
 

Topic: 英語・英会話学習 - Genre:School

プチプチ感を英語にすると?


 今日は、お上品にいきましょう。たまには、僕の仕事関連の話題など(笑)。

 最近、北海道には食材を求めて海外から買い付けにバイヤーさんがくることが多いのですが、食に関する英語って興味がなければ、あまり耳にすることはないかも知れませんね。映画やドラマなどでも食を話題にした印象的なモノって、あまり記憶にありません。

 「食材」を話題にするときに、慣れていないと面食らうのは、なんといっても「食感」の表現でしょう。

 いろいろとありますよね?でも今はネット検索という強力な武器がありますので、調べさえすればすぐに見つかることがおおいです。お題のプチプチ感は、キャビアで検索すると "popping texture" と表現されていることがすぐにわかります。

 でもひとつだけ、困るのは「もちもちした」ってやつでしょうか。

 お餅の食感からきているのでしょうけど、これは海外にはないので似たようなものになると・・・伸びのあるチーズ?ちょっと苦しいか(笑)。日本人が書いた英文だと "chewy" をあてているものが多いようなのですが、苦しいところですよね。肉料理に使うことが多いですし「噛みごたえのある」くらいの意味ですから。

 和食が無形の世界遺産に登録されて、今は海外から和食を学びに日本に料理人が来る時代なのだそうです。そういう人たちと話をする機会があればいいのになぁー、なんてそんなことを考えながら仕事をすることがあります(汗

 そんなワケで、「食感の英語表現」を僕なりにまとめてみましたので、興味のある方はこちらからダウンロードしてみて下さい。

 食べ物の話題で、盛り上がれるって、これが結構楽しいですよ♪

 

 

Topic: 英語・英会話学習 - Genre:School

SlangCloud :-)
tag付されている投稿が新しいものから順に表示されます:

ass  shit  fuck  hell  asshole  damn  crap  bitch  piss  bullshit  devil  Christ  screw  jerk  bloody  fucking  chill  Hell  scumbag  ain't  dick  sack  nerd  yo  sucker  tight  damned  homy  dude  bastard  broad  balls  Sucker  catfish  pickup  assload  shitload  betcha  Betcha  cop  popo  dork  peach  weirdo  Jesus  rollers  sweet-ass  bet  fathersucker  God  heaven  chicken  butt  zipperhead  gotta  Pete  scum  horseshit  motherfucker  prick  smartass  fella  egg  

カテゴリ
スポンサー広告
follow me on Twitter
Online Reference
<PR>
村松先生は同時通訳の大御所です。オラも英語が話せなかったす(^^)v
QRコード
QR
RSSリンクの表示